つながるより孤独でいこう

色んなことに興味を持つ一児の母。

バーチャルビッチだってさ

f:id:hohoemi-100:20190606234205j:plain湯山玲子さんのご著作『ビッチの触り方』に、様々なビッチの分類が説明されています。
そのなかに「バーチャルビッチ」というビッチがいまして、どんなビッチかといいますと、
SNS上で、「すっぴん」というタグをつけて、マツエクばっちり、カラコン装着、アヒル口の上から自撮りという、完璧な自撮りすっぴん写真を公開するビッチだそうです。
自ら脱ぎ、色っぽい写真を公開することに快感を覚えた「バーチャルビッチ」たち。
私もこのバーチャルビッチに分類されるのだと思います。
ですが、そのモチベは「快感」だからかと聞かれると首を傾げてしまいます。
この密かに増えているバーチャルビッチたち。彼女たちの心理を深掘りするのも面白いかもしれません。

私がバーチャルビッチをやってる理由は、世知辛い世の中を一生懸命生きてる男性を癒すことが好きだから、です。
  
この「男性を癒すことが好きな女性」は一定数いるのですが、彼女たちはあまり同性からは理解されず、誤解されることが多いようにも感じます。
それは「ミソジニー」misogynyという女性嫌悪の感情が社会的にも根深く残っているからだと推測してますが、このmisogyny自体は本能的なものではなくて父権社会、男性社会の歴史が長かったために後付けされた観念だと、個人的には考えています。

多様性の尊重が叫ばれている現代ですが、こうした自分の中の「多様性」を大事に育みながら、バーチャルビッチをしばらく楽しみたいと思います。

※写真は世界一の多様性を誇るスタンフォード大学

熱々

近所のパスタ屋さんでランチ。
仕事もしてない主婦なのに外食って、ちょっと気が引ける。。。
でも妊娠してから食べることばかり考えてる(笑)

早く産んで、仕事見つけて自由なお金欲しいなぁ(’-’*)
産後すぐは難しいかな。


f:id:hohoemi-100:20150612221747j:image

なんて、いろいろ考えながら、ラザニア頬張ったら口のなか火傷した(;o;)

f:id:hohoemi-100:20150612221740j:image


f:id:hohoemi-100:20150612221807j:image

最後はパンナコッタが出てきた!